契約期間の縛りがなく解約金がないが、MNP転出料は高い

WIRELESS GATEの音声通話プランを契約する上で注意しておいたほうがいい点は何でしょうか?

 

通話料金はいくらかなどの基本的な情報について触れて、その後と他社と比べて違う特徴3点を取り上げましょう。

 

音声通話プランの基本情報

 

データSIMプランだけでなく、音声プランも業界最安値クラスです。音声通話が付いて税込み1,300円は他社と比べても安い価格です。他社MVNOは音声通話プランの場合、最も安いものでも1,500円前後掛かってしまいます。安値で競争しているDMM mobileの音声通話プランはWIRELESS GATEより安いのですが、100円の違いもありません。

 

実際に電話をかけた場合にはどれくらいの料金が掛かるのでしょうか。普通に電話をかけた場合の通話料金は20円/30秒です。これはMVNOのどの会社でも統一している音声通話の標準料金で、キャリアの音声通信網を使っている以上、しょうがないのかもしれません。

 

ただしIP電話などを利用すると、低速通信だけでも十分に電話をかけることができるので、値段も安くお得になります。ただしIP電話を利用する場合、時々通信量が落ち込み、声がバツバツ切れることがあるようです。留守番電話機能を月々プラス300円で付加することができます。

 

他社音声通話と違う点

 

解約金がない

 

これは他社はまねできないWIRELESS GATEならではの最大長所です。他社MVNOはどの会社も音声通話プランの場合、契約期間の縛りがあります。半年〜1年を超えないときにSIMカードを解約することになってしまったら、解約料金(違約金)として8000円から1万円を払わなくてはいけません。

 

これは音声通話の登録をするのに、MVNO側にまとまった費用が掛かるためなのですが、登録費用が赤字になるというリスクをも負ってでも、契約期間の縛りなし!解約金なし!を打ち出しているWIRELESS GATEは良心的な会社といえるでしょう。数ヶ月の出張期間中に仕事専用の電話番号が一つほしいなどという場合にはWIRELESS GATEで音声通話を契約し、数か月後に解約するという方法も取ることができます。

 

MNP転出料が高い

 

MNP(ナンバーポータビリティ)サービスを使って他社のSIMカードでも引き続き同じ電話番号を利用したいという場合、MNP転出料というのを支払う必要があります。これは解約金とは別に掛かる料金なのですが、他社のMNP手数料は2,000円から3,000円程度に設定されています。

 

つまり先ほどの解約手数料とあわせると1万1,000〜1万3,000円掛かるという計算になるのです。しかしWIRELESS GATEで使っていた電話番号を他社でも利用しようとすると、MNP手数料として何と1万1000円も取られてしまいます。

 

つまり音声通話の縛りがなく、解約金が要らない分、MNP転出料を高くすることで取り返すという方法なのでしょう。ですが他社で引き続き電話番号を利用しない場合はこのMNP手数料さえも必要ありません。

 

WIRELESS GATE Wi-Fi+LTEの音声プランの総評

 

料金設定という面では、業界でもとりわけ安い部類に入ります。つながりに関してはIP電話を使用しないならきわめて快調、IP電話をネットが込み合う時間帯に利用するなら途切れる場合ありという感じのようです。

 

解約金がない分、MNP転出料は高いという特徴を考慮すると、以降その電話番号を利用する予定がないという場合にのみ、WIRELESS GATE音声通話プランSIMカードを購入したほうがいいということになるでしょう。

 /></p>
<a href=