WIRELESS GATEの通信速度はMVNOトップクラス

WIRELESS GATEのSIMカードを利用したときの実際の速度はどれくらいなのでしょうか?

 

高速通信時と低速通信時に分けて説明していきたいと思います。

 

高速通信時

 

高速通信の最大速度は150Mbpsとなっていますが、実際の速度は込み合わない時間帯で20〜30Mbpsのようです。お昼休みや夜10時前後の込み合う時間帯だと1〜3Mbpsくらいまで落ち込むときもあるようです。

 

これはどのくらいの体感速度なのかというと、ユーチューブなど見るのに必要な速度は0.7Mbpsですので、余裕に再生できます。高画質の動画を再生する場合ですと、必要な速度は1.3Mbpsくらいですので、込み合う時間帯は時々とまることがあるかもしれませんが、基本問題無しに動画も楽しめるというスピードです。

 

ウェブページの閲覧に関してはサクサクと表示され問題ありません。他社の中には高速通信時であるにもかかわらず700kbpsを割り込むものもあるのでそれらと比べるとWIRELESS GATEのSIMカードは安定した高速通信と言えるでしょう。

 

低速通信時

 

WIRELESS GATEの特徴は低速通信時の速度といっても過言ではありません。低速通信時の最大速度は250Kbpsと書かれています。

 

メーカー表示の最大速度が250Kbpsなら実際はその半分以下ということが多いのですが、WIRELESS GATEは実際の速度は250Kbpsより速く出ると評判です。実測値は500Kbpsを超えていると報告しているユーザーの方もたくさんいます。

 

これは少しだけ溜めれば動画も見れるという速度です。一番安い480円(税込み)のものを選んでもこれだけ速度が出ればウェブの閲覧もストレスなくできるでしょう。どんなに重いページでも5秒もあれば表示が終わるというスピードです。

 

低速時でもWIRELESS GATEが速度が出る理由

 

現在他社MVNOの会社と比べると低速時の速度は、とても高い速度水準を保っています。MVNOはキャリアの帯域を借りて運用するという特徴があるため、CMも多く出し、知名度の高い会社にユーザーが集まる傾向があります。

 

それらの会社と比べるとWIRELESS GATEは知名度は高くなく、ユーザー数も少ないのが高速を維持できていると思われます。具体的に説明しましょう。一つの帯域に他社には1000人のユーザーがいるとします。150Mbpsが最高速度ですので、仮にすべての人がいっせいにつなぐと0.15Mbpsしか速度が出ない計算になります。

 

しかしWIRELESS GATEはまだユーザーの数が多くないので、一つの帯域にも100人しかいないというような状況です。100人の人が同時につないでも1.5Mbpsの速度は確保できます。多くの人が高速通信をしても、まだ回線の容量が余っているという状況なので、低速通信時でも500Kbpsというような速度が出るのです。

 

将来的にWIRELESS GATEの速度はどう変化するか

 

2014年9月に新サービスを開始しており、他社のSIMカードと比べるとスタート時が遅いのでユーザー数が少ないのが速度を維持できている要因です。ですが将来的には少しずつユーザー数は伸びてくるでしょう。

 

ただし大手のMVNOと比べるとやはり今後も申込者は多くないと思われます。つまり速度はさほど落ち込まないことが予想されます。低速時でも200Kbps、高速時なら1Mbpsは確保できると見込まれます。

 

実際他社のMVNOはユーザー数が増えすぎてしまった結果、高速通信のプランが制限されており、高速通信でもWIRELESS GATEの低速通信なみしかでないという速度の限界に陥っています。