ipadでも利用可能だが、初めにwifi環境でプロファイル入手をして、専用アプリをインストールする必要がある

ipadは世界で一番流通している端末です。ipadでWIRELESS GATE Wi-Fi+LTEを利用することは可能なのでしょうか?

 

結論から言うと可能のなのですが、WIRELESS GATEのSIMカードをipadで利用したいと思う場合、5つの作業が必要になります。

 

wifi版かSIM版かを確認

 

ipadには2種類あります。wifi版とSIM版です。wifi版はwifi環境があるときにのみネットにつなぐことができものなので、値段が安めです。ですがSIMカードを差し込むところがありません。

 

このwifi版ですとWIRELESS GATEのSIMカードを利用することはできません。必ずSIMカードを差し込むところがあるipadを手元に用意しておく必要があります。

 

ただしSIM版ipadであっても利用できないことがあります。

 

SIMフリーのipadかどうかを確認

 

以前ドコモ、AU、ソフトバンクで使っていたipadであるならば、各社のSIMロックが掛かっている可能性があります。基本WIRELESS GATEのSIMカードを利用したいと思う場合は、SIMフリー版のipadを入手しておく必要があるということを覚えておきましょう。

 

WIRELESS GATEがドコモ帯域を使って通信を行なっているので、ドコモのipadである場合はネットや通話を行うことは可能です。ただしAPN設定の変更に融通性がないため、テザリングはできません。SIM解除を行なえばテザリングを行うこともできます。AU版とソフトバンク版のipadはSIM解除を行なわない限り利用不可能です。

 

大きさの合うSIMカードを用意して、WIRELESS GATEに申し込みを行なう

 

SIMカードには標準SIM、microSIM、nanoSIMとあります。ipadも機種によってそれぞれSIMカードの大きさが違うので確認したうえで、大きさの合うWIRELESS GATEのSIMカードを購入しましょう。

 

SIMカードを差し込むと自動的にアクティベーション処理が行われるようです。その後wifiが使える環境にして、SIMカードを購入した際に同封されているWIRELESS GATEの申し込みページにアクセスします。

 

申し込み画面から申し込みに必要な情報、つまり契約者名やパソコンで受信可能なメールアドレス、クレジットカード情報などを入力します。これらの情報を送るとメールアドレスに開通の確認メールが送られてきます。

 

APN設定を行なう

 

確認メールが送られてきたら、ipadでWIRELESS GATEのSIMカードを使う上での山場、APN設定を行ないます。

 

APN設定をipadで行なうためのプロファイルをインストールする必要があります。プロファイルはipad各機種によって違うので確認が必要です。機種を確認し、下記のサイトにてプロファイルをインストールしましょう。

 

プロファイルの入手先:http://www.wirelessgate.co.jp/sim/service/yd/terminal/device/

 

ios用WIRELESS GATEの専用アプリの入手

 

プロファイルをインストールしAPN設定が終わった段階でSIMカードの利用可能ですが、WIRELESS GATEはios用の専用アプリを用意しており、これをインストールすれば、高速通信と低速通信の入れ替え、残りの高速通信の確認、SIMカード購入時に無料で付いてくる高速通信200MBサービスの利用などができます。

 

※注意点

WIRELESS GATEのページに「SMSなしSIMカードにてご利用いただく場合、正常に通信機能がご利用いただけません」とあります。つまり480円の最も安いプランだけではSMSは標準装備でないので、プラス138円出してSMSをつける必要があるようです。

 /></p>
<a href=